blog, other, reiki

教えるひと。

本日、レイキの伝授方法、レイキティーチャーとしての心得や心構えを学び
晴れてレイキティーチャーとしての新しい一日がスタートしました!(もう夜だけど)

(レイキについてはコチラをご覧ください → http://ja.wikipedia.org/wiki/レイキ

1年前は、
「どうしても気になるレイキ、とりあえず習っておかないと絶対後悔するなぁ」
という気持ちだけだったので
まさか人に教える立場になるとは思いもしませんでした。

いやぁ、今日までホントがんばった!!努力した!!
ということは全くなく、レイキは伝授を受けたその日からできるようになるんです。
あとは、感覚を少しずつつかんでいったり、レイキに関する本を読んだり。
楽しく続けてきた(続けていく)って感覚だけ。


今日学んだことは、技術うんぬんよりも「ティーチャー」という責任ある立場になるにあたって
日々をどのように過ごすか、自分をどのように高めていくかの大切な心構え。
先生の第一声の、意志がダイレクトに伝わる凛としたトーンで、心がきゅっと引き締まりました。
「今のこの気持ちを忘れちゃいかん!」と一瞬でわかるくらいの、鋭く強い声と言葉。
意志は力。ホント。



世の「先生」と呼ばれる方々は、
常日ごろからこんな気持ちでいらっしゃるのかしらと思うと
尊敬の念しか湧いてきません。
これまで全く見えてなかった感覚です。
まだまだ知らないことばかり、最後の最後まで楽しむ所存ですw
教えながら、学ばなくては。
一生仕事になりそうです。


7年ほど前、レイキに興味を持つきっかけをくださった取材先の主婦の方。
その話をしたら、
「ヒーリングとかお前できそうやね。似合うな」と笑ってくれた広告代理店のKさん。
(ご本人はおぼえていらっしゃらないかもしれないけれど、驚きと同時に嬉しかったです)
レイキティーチャーの手前、サードディグリーまで教えてくださったM先生。
今回、ティーチャー伝承をしてくださったK先生。
うさんくさがらずレイキを受けて協力してくれたお友だち。
「ふーん」と言いながら、自由にやらせてくれた家族に。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございましたー。



2014年11月14日。
今日は僕のレイキ記念日。


今日までに私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海

サラダ記念日でおぼえているのは、表題歌(?)と、この歌くらいです。
だからなんだ、ですけれどけれどw




141114


♪『petrarca』 Akira Kosemura

ぐはーっと大人買いしてたAkira Kosemuraさん。
この曲が収録された『grassland+』というアルバムが今のところいちばんお気に入り♪
湿度抑え目の儚さ加減が大好きです。
あざとさ、作為の一歩手前。
それを世界はなんと呼ぶのでしょうか。


CM映像はコチラですー↓
【CM】grassland+ / Akira Kosemura




↓の『ひとりでできるレイキ』。読んだレイキ関連の本のなかでも読みやすく内容もしっかりしてて個人的にオススメです♪


 


2014-11-14 | Posted in blog, other, reikiNo Comments » 

 

言葉にしたら、

ブログ、しばらく休んでいました。
その時間があったら今はこっち、というものがあったので意図的に。
(ホントですw)

今日はとあるセミナー(っぽいの)にお誘いいただき
おー!と心が動くお話をたくさん聞かせていただきました。
(ありがとうございます)

そのなかで、目標を言葉にすること、声に出すことの大切さをお話されたんですが、
「言葉にするだけで叶うならわけないよー」と思う人も多いかも。
ぼくもそのひとりだったんですが、昨年の暮れあたりから
どうもこれは本当らしいと認めざるを得ない状況が
特に最近は加速度を増しながら続いていて、時々ひとりで空あたりを見上げては
うふふふと笑ってしまってます。こわいw

最初の驚きは、昨年の暮れに「レイキ」を習ったときのこと。
先生に「なにか治したいクセとか、改善したいことある?」って聞かれ、
「あえていえば、すぐに動き出せる自分になりたい、ですかねぇ?」と
口に出したその日から、これ治ってしまったんです!
(ホントですよー)

やりたいと思ったことは、やれるなら早くやろう。
仕事の電話、明日でいいかな? いや、今日やっとこう。
と、なんだかんだと「やらない理由」を探さなくなりました。ホント不思議です。

とはいえ、なんでも今日に詰め込むというのではなく、
翌日に持ち越すものは「持ち越します」と腹をくくって忘れてますw
でもこれ、その日やりたいことへと動き出すコツだなぁとわかってきました。
忘れる、大事。
忘却とは忘れ去ることなり。
忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ。
(言いたかっただけ)


「あ、できるようになるんだ」って気づいてからは
やりたいことがあれば、とりあえず情報を探す、何かに書く、人に言ってしまうをやってます。

最近も、プライベート用の名刺を作ってもらっているときに
「近い将来、肩書変わる予定なのでもう印刷しとこかなぁ、しとこ!」
って口に出したとたん、その週には資格をいただける手配をしておりましたw
これ、魔法でもなんでもなくて、意識したから動いてる(動かされている)ってことなんでしょうね♪
そんなことが、なんだかうれしいこの頃です。
明日から、違う毎日が見れるかも。



そうそう、今日はお風呂上がりに
「ブログ再開ですぞ」っと口に出したのでございました。
ひとりで。
にやにや。
こわいで。




『NATURAL BORN DUB』 Hiroshi Fujiwara

たぶん一生でいちばん聴いた曲。
とりあえず、ビール。よろしく、
とりあえず、ヒロシ。
ぼくが旅立つそのときには、後ろで流れてて欲しいですー。








2014-11-13 | Posted in blog, other, reikiNo Comments » 

 

会いたがり。

電話をはじめ、メールやSNSもあって、
仕事では重いデータファイルもなんなくやり取りできたり。
実際に会わなくても大抵のことはできてしまうけど。

それでもやっぱり、実際に会わないと話さない深めなこと、
実際に会ったから話しちゃったナイショめいたことなど、
ネットでざざーっと流れているものとはちがう
ざらっと手触りのある話が、まだまだいっぱいあるなぁと思うこの頃です。
(あ、「会話」って会って話してはじめて成立するもの?)

なので、すっかり最近会いたがりですw
知らない方と出会える場には
できるだけ出かけるようにしたり、
もともとお知り合いの方やお友だちとも
積極的に連絡をとって会うようにしています。

「よかったら一度食事でもどうですか?」と
僕からメッセージが届いたら、
あーこの前いってたやつかーwと笑ってください。
そして、できたら食事にお付き合いください♪
そしてさらに、お誘いも大歓迎ですw





もともとインドアというか引っ込み思案というか
陽気なひきこもりというか、出不精(あ、一言で言えた!)なんですが
やっぱり人と会うべきだなぁ
人と会って話すのが結局好きだなぁと思います。

そんなとき、よく思い出すのが
『BeRLiN』という少し昔の日本映画。
劇中でダンカンが演じたサラリーマンのオガタがつぶやく
「最近、私は誰とも話をしていない気がします」みたいな台詞が
ずーっとこびりついています。

人としゃべってはいるんだけど、話していない。
なんだか現在の話みたい。
(調べたら19年前の作品でした)


141022


この映画のダンカン、ホント味わい深い顔してたなぁ。
永瀬正敏の、素で本質だけをやさしく見つめる姿もかっこよかったし、
風俗嬢役の中谷美紀もみずみずしかった♪
利重剛監督作品の女優さんは、
みんな仮面を取ったような柔らかな笑顔している気がします。
油断させるのが上手いんだろか?w




『会いたかったかもしれない』 乃木坂46

1年ちょっと前からお気に入りです。乃木坂のぼり坂。
「想定外」が絶対ルールの秋元康さん。
ライバルグループのアレンジ曲を歌わせるとか、ホントおもしろい。
ロック風のアレンジとか低めに抑えたマイナー調メロディ(?)とか、こっちのほうが好みです。
アイドルらしくない曲調を、アイドルが歌う。
少女とギター、少女と武器。
パワーの差があるほど、ぐっときます♪
しかし、今でさえ十分若いメンバーがさらに若くて、見てておっちゃん恥ずかしくなるww




 

2014-10-22 | Posted in blog, other2 Comments » 

 

うれしかった言葉。

「肯定から入りますよねぇ(話や物事にたいして)」。
そんなうれしいことを、今日お友だちから言ってもらいました。
言われてみれば、
ハナから否定しても誰も得しないなぁと思っていた
気はします。
けど、やっぱり言われてみないと
自分の思考回路というかパターンって気づかないものですね。

そう言ってくれた、同じ趣味のお友だちも
なんでも気になったことはやってみて、ぐんぐん吸収するタイプ。
人の意見は聞きつつも、自分の声を大事にして動いているように見えます。
そんなところがいいなぁと普段から思っていたけれど
これ、本人もそれほど意識せずやってるかもしれないので
今度、隙をみて言ってやろうと思います

「肯定から入りますよねぇ」って。

うれしいことは
うれしくなる言葉は
どんどんやり取りしちゃえばいいんじゃないかと思いますw


———- * ———-


次の言葉は、言われてうれしかったのではなく
反応がうれしかった言葉。

得意先の方と打ち合わせをしていて、
「こんな感じでいけますかね?」とたずねられたときのこと。
正直、「大丈夫です!」と即答しかねる内容だったので
(とはいえ、がんばればクリアできそうな感触は有り)
「少し悩んでみます」とぽろっと本音が。
その瞬間、得意先の方が
「『悩んでみます』っていいなぁ!いいですねぇ!」と
ものすごい笑顔で反応してくださって
なんだかとてもうれしくなりましたw
コピーも書かれている方なので、言葉の奥に秘められた気持ちを敏感に、
しかも好意的にキャッチしていただいたんだと思います♪

今月、尊敬しているコピーライターの大先輩、中村禎さんにお会いできたときに
この話をさせてもらったんですが、
「それいいねぇ!『考えてみます』だとちょっと仕事に腰がひけてるみたいだもんねぇ、
『悩んでみます』かぁ。いいなぁ。もらっていい?(笑)」
とおっしゃてくださいました♪
(お酒が入っていたのでおぼえていらっしゃらないかもw)

ですので、同じ場面が訪れたときは、皆さんもぜひ使ってみてください♪
即答しなくちゃいけない場面では、
十分注意してご使用くださいねw

私と仕事とどっちが大事なの?
悩んでみます!
てってれー♪


「そんなこと言わせてごめんな。(がしっと抱く)」が
正解でしたっけ??w




『ウソを暴け!』 中村一義


ごらん一瞬で崩れかけてた世界に、
また花を咲かせたのは王様ではなく、
君達だって知ってる。

自分たちの未来を人任せにしないこと。
特別なヒーローに頼りっきりで思考停止しないこと。
自分たちの手で、自分たちの日々をアップデートしていくこと。

アニメの『ガッチャマンクラウズ』(ホント名作!)と合わせて楽しめば
すてきな相乗効果が期待できます♪


 

2014-10-21 | Posted in blog, otherNo Comments » 

 

手間のかかる幸せ。

最近、髭剃りの方法を変えました。
電気シェーバーかカートリッジ式カミソリか。
10年以上も悩んでいた問題の答えは、そのどちらでもない「両刃カミソリ」でした。

肌が強く、髭もそれほど濃くない人なら、どれを使ってもきっと大丈夫。
けれど自分は全くその逆で、肌が弱いのに髭は濃い。
電気シェーバーでは剃り残してしまうし、
「きれてない〜♪」はずのカートリッジ式でも
深剃りしようとするあまり肌を削ってしまってました(痛い!)
出血!大惨事!

そんなときに出合った「両刃カミソリ」。
Made in Germany.
ネットで見つけて一目ぼれでした♪

<ミューレ(独)のかっちょいい両刃カミソリはコチラ>
http://www.muehle.jp/webshopping/classic_shaving/classic_shaving.html

クラシック・シェービングとかいうらしく
じわじわ注目されてるようです。


カートリッジ式(ジレットとかシックとかのアレ)といえば、2枚刃から3枚刃へ進化。
さらに4枚刃。アロエ配合のすべり成分が付いたかと思えば
5枚+1枚なんて謎の数字を主張しつつ電動でぷるぷる震える始末。
その点、両刃カミソリは片側たったの1枚。なんて潔い。

カートリッジ式の(おそらく)進化は、これが切れ味がどんどん良くなればいいんだけど、
肌にやさしいばっかりで、僕にはまったくダメでした。
しかも、切れ味がいいのは始めの3日だけ。
がんばって使っても2週間でなんかボロボロ。
これは僕の髭のせい?と思ってたんですが、
ネットで検索してみるとみんな悩んでる悩んでるww


価格面も悩ましいものがあり、
カートリッジは1個が300円以上と、どんどん高価に。
ここでも両刃カミソリは、替刃が1枚10円くらいからあり、「高い!」と文句言われるものでも90円と潔い。
どうしてこんなに価格の幅があるかといえば、
両刃カミソリの替刃はなんと世界共通!
自分にピッタリのものを、みんな自由に選び放題。
クラシックどころか、なんて時代の最先端。


というわけで、早速、海外(ebay)から替刃のサンプルセット取り寄せてみました(笑)


141020


United Kingdomから、インド製やらエジプト製やら、日本製も!いろいろ届きました。
包装がチョコレートみたいでかわいい。
(舐めちゃダメ)


クラシックシェービングファンの方のブログなどを拝見し、
1枚1枚試してみたいと思います。
あぁ、この自由に自分好みのものを探すすてきな感覚を
憂うつだったシェービングで得られるとは人生何があるかわかりませんね!(大げさ)



実際にこのシェービング法に変えてから、
熱湯やタオルを用意したり、石けんを泡立てたりと手間も多く、
以前よりも5倍か10倍時間がかかってる気がします(笑)。
けれど、1本1本の髭がチリチリと確実に剃れてる手応えが心地よく、
ゆっくりその日の予定を考えたりと、なんとも幸せな時間なのです。

シェービングで悩んでる人をみつけては
クラシックシェービング仲間をじみーに増やしていきたい所存です。


ネットで情報がたくさん入るようになって、
買い方は生き方だなぁと
漠然と考えるこの頃。

今夜はこれで、おやすみなさーい。




♪『オンナノコ♡オトコノコ』 小倉優子

http://www.youtube.com/watch?v=SRJ2sEoYlWg

アニメ「スクールランブル」のED曲でしたー。
作詞・作曲は小西康陽さん。
いま聴いてもとってもかわいい♪



  





2014-10-21 | Posted in blog, otherNo Comments » 

 

70点の満点。

時々、ふいに自信をなくしてしまうとき
とりあえず、現時点の100点に近づけるようにしよう。
そうやって心を落ち着けるときがあります。

今の自分の力では70点しか出せないと
不安になっているのは
自分が勝手に思い描く100点におびえているからかもしれない、
相手の方は「70点」を良しとして依頼してくれているのかもしれない。
そうだとすれば、
びくびく萎縮して、70点すら出せないとしたらなんて失礼なんだ!

そんな一人会議をしています(笑)

これが正解がどうかはわからないけれど、
まずは、リラックスと深呼吸。



中学生の頃の保健体育の教科書に挿し絵があったんです。
緊張しすぎてサッカーボールを蹴り外す男の子と
緊張しなさすぎてボールを見逃す男の子。
「適度な緊張がよい」とかなんだとか。


100点取れないのに取らなくちゃとがちがちになるより、
まずは70点は取らなきゃな、の軽い緊張で。
心にゆとりが生まれたら、75点、80点と積み重ねていけたらなぁ。

そんな、なまけものの願いめいた慰めでした。




———- * ———-

たいした内容じゃなくても、何か毎日残そうと思います。
お時間あったらおつきあいください♪





♪『素晴らしき世界』 中村一義

ただ飛ぶ鳥に、涙がつたう、
素晴らしき世界だね。

犯罪者であっても、スヤスヤ眠る、
素晴らしき世界だね。

さようなら。ここで降ろしてくれ。
たださ、僕はこの両足でね、これで・・・、
歩きたいんだ・・・、わかるかなぁ。




中村一義、ひとり再ブームです。

わかるかなぁ。
いま、すごくわかる。


141019 のコピー



2014-10-20 | Posted in blog, otherNo Comments » 

 

恨み < 罪悪感

今日、とあるトークイベントで、
手相などをみてもらいました。

今年は「勉強」にあたる年で
来年は大変化が起きるそうです。うしし。
妻は3年後とのこと。
ふたりとも大器晩成型らしく、将来が楽しみです。ふふふ。

「人に譲りすぎるかな? 自分の意見やアイデアを通さないのは損失になる」
とアドバイスされました。
今年は思った以上に仕事以外のことを勉強することができて
ずいぶんと自由になれた気がしていたけど、まだまだのようです(笑)

アドバイスを受けながら思い出していた言葉がありました。

「罪悪感を持つことと恨みを持つことの
どちらかを選ばなくてはならないときは、
いつも罪悪感を選びなさい」。

『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ

 

たとえば、誰かから気乗りのしない誘いを受けたとき、
「行きたくない」のに「無理して行く」ことを選べば
罪悪感は持たなくて済むけれど、無意識に恨みを持ってしまう。
「行きたくない」から「行かない」と決めれば、
罪悪感は持ったとしても恨みを持たなくていい。

前者は、他人がどう思うかを気にして「他人目線」で生きること、
自分の感情を抑えつけること。
後者は、すべてが自分目線。自分の感情を解放すること。
自分の感情を殺し、他人の人生を生きてしまうことの危うさを伝える言葉だと思います。

この言葉を知ってから、何をするのも、何を決めるのも、すごーくラクになりました♪
自分で決めたことだから
→うまくいかなかったとしても自分のせい
→うまくいったらものすごくうれしい
→見返り求めてしまってることに気づける
→その場所、その時間を全力で楽しめる

などなど、いいこと尽くし。

でも、まだまだ「自分中心」になれていないようですので
もうちょっとがんばります(笑)
わがまますぎたときは、めっ!と叱ってください♪

身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価

この本、今年読んだ本の中でも衝撃でした。

抑圧された心がどれだけ身体を蝕むのか。
幼少期からの思い込みがどれだけパターン化し、その後の人生に影響するのか。
慢性的なストレスが、どれだけ免疫系に悪影響を及ぼすのか。

医者である著者が、検査や病理レポートではなく
人間を中心に据えたホリスティック(全体観的)な医療の必要性を
様々な事例や研究をもとに説く一冊。
見せかけのポジティブ思考ではなく、
ネガティブな感情を受け入れ、現実に向き合うことから治療が始める、
という考え方が大好きです。

うまく説明できないけれど
いろんな人のレビューなどを見て気になったらぜひー。

♪『Mind the Dresser』 Nightnoise



夜に聴きたくなるNightnoise。
イントロ好きー。夜が静まる。

ケルト音楽ってよくわからないけど
ケルトって言葉の響きは音色みたいで好きです。
ケルトケルト。

———- * ———-

やっとサイトにログインできたと思ってブログ書いたのに
またログインできなくなってしまい、こんな遅い時間に…。
毎回、サーバの管理画面にIPアドレス登録することにしました。
顔パスさしてよー。もー!(笑)

2014-10-19 | Posted in blog, bookNo Comments » 

 

今日出会った言葉です。(つづくかも)

すっかり更新できずにおりました!
「!」つけて言うことでもないですが…。

増税前の駆け込み需要の波が、
離れ小島のような僕の岸にも打ち寄せてきて
(ありがとうございます!)
3月4月とバタバタしておりました。
(あぁ、かっこわるい)

時間を言い訳にするのは、さらにかっこわるいので
1日一言、なにか残そうと思います。無理のない範囲で(すでに保険)。

———- 

今日、午前中の打ち合わせの後、
必要な資料を求めに天神のジュンク堂へ。
レジを済ませ、華麗なUターンで出口へ向かう途中で
アニメ映画のすてきなチラシをゲット。
ジブリ映画の『思い出のマーニー』。
かわいいですな♪

140502


詳しくはこちらで。
http://marnie.jp/index.html


で、その裏面に書かれてあった米林監督の言葉が
なんだか心の奥まで静かに打ち寄せてきたのでした。

———- 

 僕は宮崎さんのように、この映画一本で世界を変えようなんて思ってはいません。
 ただ、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』の両巨匠の後に、
 もう一度、子どものためのスタジオジブリ作品を作りたい。
 この映画を観に来てくれる「杏奈」や「マーニー」の横に座り、
 そっと寄りそうような映画を、僕は作りたいと思っています。

 脚本・監督 米林宏昌


(全文はこちらからどうぞ)
http://marnie.jp/message/index.html

———- 


「もう一度、子どものための」

「そっと寄りそうような映画を」

さらりとした言葉だけど、
もしかしたら、当のジブリが見失いがちなものを
冷静に、的確に表しているようで、チラシ片手におわおわ唸っておりました。
エスカレーター脇の棚の前で(じゃま)。
「アリエッティ」、まだ見てないんですよねぇ。見よう!

資料集などで見たことのある範囲だけど
アニメの企画書、監督のメッセージ、制作への意気込みとか、
鬼気迫るものがあっていいんですよねぇ♪
命削ってんなぁ!と、胸がきゅっとなるですよ。


と、特にオチもありませんが、一言残していきたい所存です!
(はぁ、これだけでも時間かかったかかった)



♪『歓喜のうた』 中村一義

http://www.youtube.com/watch?v=nCcPdTNBHB4

今日は早起きでねむねむでテンション低めだったので
これ聞いて持ち上げておりました。

 君にとって音楽はどういう存在でしたか?
 
 
 


 

2014-05-02 | Posted in anime, blogNo Comments » 

 

パサラン、パサラン。

ネーミングやツールのコピー、ブランドスローガンなどを
担当させていただいたハーブソルトが完成しましたー♪



140213


ハーバリストの
自家製ハーブソルト
PATHARAN[パサラン]


かわいいパッケージ。すてきフォント。
イラストの女の子はオーナーさんにも気に入っていただき
PATHARANちゃん、PATHARANちゃんと呼ばれているそう。
ふふふ。



使用しているソルトは沖縄産のまろやかな海塩。
ハーブは葉のまま仕入れたものを自宅で粉砕してブレンド。
粉末状のもので仕入れたものとは、香りも味も違うのだそう♪
実際、封を開けたとたん、すーっとするような、ほっとするような
上品な香りがふんわり広がります。


最初の打ち合わせのときに、
市販の商品と食べ比べ(舐め比べ?)してみたのですが、
美食に疎いぼくですら、全然ちがう!とわかりました。
市販のものは、スナック菓子のようなとってつけたような味。
こちらは「自然」と呼ぶのもためらわれるような、そのまんまの味がしました。
化学調味料や香料を使わなくても、香りが強く、しっかり味がするって
静かにすごい!とコーフンしました。


オーナーさんが15年前に手作りしたのをきっかけに、
ご友人などまわりの人におすそわけしていたハーブソルト。
料理が楽しくなった!と喜んでくれた人もいて
まわりからは、早く販売してーとずっと言われていたそうです。
味を知れば、納得です(笑)


わが家の料理でも
「なんか上品な味がするー」と思うとたいていは
「あれ(PATHARANちゃん)、使ってみたよー」と、
レンコンの挟み揚げや唐揚げなど、
いろんな料理にに奥さまが使ってくれてて、
そのことを後から知らされるのでした。
(結果、おいしければよいのです)


単に、ハーブとソルトを合わせたのではなく、
和・洋・中を選ばず使ってもらえるようにと考えられたブレンド。
「料理が楽しくなると、毎日が楽しくなる。料理がおいしくなると家庭は幸せ」
そんなオーナーさんの気持ちが詰まっています。


ネーミングについては、まるで魔法のような調味料ということで
ふしぎな生きもの? ケサランパサランから。
それと、パサランの響きが、調味料っぽくていいなぁと思って
提案させてもらいました。
いくつか候補があったのですが、
いま思うと、他の候補よりも、パッケージデザインとぴったりな感じです。
あらかじめ決まっていたみたいにしっくり。ふしぎ。


2月に東京ビッグサイトで行われた、業者さん、バイヤーさん向けのイベント
グルメ&ダイニングスタイルショーでお披露目となったPATHARANちゃん。
本格販売がスタートしたら、あらためて告知しますので
どうぞ、かわいがってあげてください。

キッチンにPATHARANちゃん。
きっと、かわいいはず。



アートディレクション、デザインは
DESIGN OFFICE MIKADOYA[ミカドヤ]の家永啓介さん。
かわいいイラストは家永美和子さん。
すてきご夫婦のすてきお仕事。

<ホームページはこちら>
http://www.mikadoya.jp


お仕事の様子や裏話は、こちらに詳しく書かれています。
きれいなphotoもたくさん!

http://d.hatena.ne.jp/iengmwk/20140130


 伏せ字にならない「O椛さん」をありがとう。
 言葉にできない。 らーらーら ららーらー♪

書体選びからイラストの完成まで
こんなに大変なプロセスがあったんだ!と、
感心するとともに、きゅっと心が引き締まるようでもあります。
モンセンって、こんなにすてき書体があるんですね!
ちらーっと見聞きした程度で、ほとんど知りませんでした。
勉強になりました♪


実は家永啓介さんとは元同僚の間柄。
コピーライター駆け出しの頃、彼の気遣いになんど救われたことか…><
とんがっていながらも、心根はとってもやさしいナイスなバンドマン♪
バッチシ決まったツンツンヘアを触っては怒られてました(笑)
お互いにフリーとして活動しながら、こうして組めたのがとってもうれしかったです♪
啓介さん、美和子さんと3人で行く取材や打ち合わせ、ホントに楽しかったー!
ありがとうですー。


お二人とも、すごーくすてきな仕事をしてらっしゃるので
こちらもしっかり励んでいこうと思います。
負けないぞー。



とはいえ、おなかがすいたので、
まずは、何か食べてから。
ぐー。




 *–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

 自家製ハーブソルト、PATHARANちゃん。
 少しおうちにストックがありますので
 ためしてみたーいという方は、
 少量ですがおすそわけいたします♪
 ぜひぜひ、感想をきかせてください!
 (わが家のストックがなくなる前にお早めに〜)

 *–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*





♪『虹の彼方 feat. lasah』 Akira Kosemura

http://www.youtube.com/watch?v=KIL_kmtcNcU

最近夢中なAkira Kosemuraさん。
この曲もすてきだー♪
ヴォーカルもすてき。
いま欲しい懐かしさと、
感情につかまりすぎないテンポと抑えめな湿度。
音源、手に入れなければ!
おんげん!




2014-02-13 | Posted in blog, works2 Comments » 

 

2 / 41234